( / / )

2008年11月08日

分離不安?

今朝は、クロの血液検査に行ってきました。


クロは、乳腺腫瘍の切除手術(11月11日)
を受けるので、その前の血液検査です。


獣医さんは、徒歩で5分ほどの近所なのですが、
あいにく今朝は、雨が降っていました。


いつも獣医さんに行く時は、
チビとクロ、どちらか1頭だけの診察でも
2頭一緒に連れて行っています。


けど雨だったので、クロだけをキャリーに入れて
連れて行こうとしたところ…。


チビがとても悲壮な声で、ウォ〜ン、ウォ〜ン。


クロもキャリーの中で、クゥ〜ン、クゥ〜ン。


うちのワンコたちは、いつも2頭一緒なので、
別々になると、お互い不安に思うのかもしれません。


ずっと前、クロのヘルニアの手術の時以来、
今朝は、チビだけが留守番することになりました。


そう言えば、クロのヘルニアの術後の通院の時も、
チビがウォ〜ンウォ〜ン、クロもクゥ〜ンクゥ〜ン
でした。


やっぱり、
はなればなれになるのはさみしいのでしょうね。









DSC081108001.JPG


病院の待合フロアの片隅で、
キャリーに入って検査を待つクロです。


ちょっと緊張気味かな?


血液検査の結果は、白血球の数値が少し高いものの、
問題ないとの診断でした。




DSC081108002.JPG


獣医さんから帰ってきて、
クロをキャリーからだしたところ、
しきりにクロの体中の匂いをかぐチビ。


チビもクロが心配なのかな?


それとも、クロだけが、
何か美味しいものを食べてきたのじゃないかと
疑っているのかも(笑)?





DSC081108003.JPG


でもその後は、チビがクロの耳をペロペロ。


クロは、くすぐったそうでした(笑)。
 
 
 






午後は、雨もやんだので
ワンコたちお待ちかねの散歩に行きました。


DSC081108004.JPG


クンクン、縄張りのチェックかい?


DSC081108005.JPG


クロの横顔をパチリ。


DSC081108006.JPG


チビの横顔も撮ろうとしたところ、
クロが勝手に土手の坂をスタスタ下へ。


クロちゃん、気をつけるんだよ(笑)。


DSC081108007.JPG


クロも自由気ままに散歩を楽しんでいました。
手術なんか必要ないと思えるほど元気なんだけど…。


DSC081108008.JPG


自分が歩きだすと、
チビもクロも先をスタスタ歩き出します。


DSC081108009.JPG


しばらく土手をブラブラ。


DSC081108010.JPG


チビちゃん、クロちゃん、カメラ目線よろしく(笑)!












獣医さんの説明によると、
クロの手術は、体の内部ではなく、
皮膚の表面を切除するだけなので、
術後も濡れたりしなければ、
ゆっくりの散歩は問題ないとのことでした。


けど、チビはゆっくり歩いてくれないだろうし…。


チビとクロ、別々の散歩にしたほが良いのかも?


別々に散歩させようとすると
チビがウォ〜ンウォ〜ン、クロもクゥ〜ンクゥ〜ン
かな?





DSC081108011.JPG


変わり番こで、ほんの少し留守番するだけだからね。


チビちゃん!クロちゃん!協力しておくれ!
 
 
 
 
 
ニックネーム 火の玉小僧 at 18:23| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クロちゃんの容態もひどくなくて、一安心ですね、
うちの子も先日、2週間ほど下痢が
続いていたので心配になり、
病院に連れて行きました。
ちょっとやそっとのことでは
自己治癒能力があるだろうし、
意外にケロッとしているので、
こちらからとしては大丈夫かなと勘違いしてしまいます。
うちは風邪だったみたいで、
注射をしてもらったらその日の夕方には木登りをして見せてくれました。
思い起こせば散歩のときも
歩くのつらそうだったし、
やはり辛かったのかな(うちは猫なのに散歩してます。後ろをトコトコと歩いてついてきますよ)
元気そうなクロちゃんを見るとそんな気がします。人間は言葉が話せるけれど、
クロちゃんも、もう少しアピールしてくれたらいいのですが、どうもみんな我慢強い。
病院に行って診察してもらうと、
そんなにひどかったのか!とがく然とするときがあります。
早く良くなるといいですね。
少しの間はお父ちゃんを独り占めできると思って、
チビクロちゃんの協力をお願いするしかないですね。
Posted by 隠居中のあざー at 2008年11月08日 22:09
キャリーバッグに入っているクロちゃんが
予想外に可愛かったので、ニンマリしてしまいました。
手術が迫り、ドキドキしますね。
でも、表面の切除で済むようでちょっとホッとしました。
チビちゃんも気が気じゃないようですね。
Posted by naru at 2008年11月09日 10:04
隠居中のあざーさんへ

クロにとっては、少し肌寒いぐらいの気候が良いようです。
今の時期の散歩、クロはピョンピョン・スタスタ状態です(笑)。
あざーちゃん、風邪でしたか?
言葉が通じないので、
態度や状態で気づいてあげるしかないですものね。
以前、ジャンガリアンハムスターを飼っていましたが、
「あれ?ちょっと元気がないなぁ」と気づいた時には
もう手遅れだったことを思いだします。
けど、あざーちゃんは注射で元気を取り戻したようで
良かったですね。
猫なのに散歩するあざーちゃん(笑)。
ミニピンは、猫的な性格なので、
「犬の中の猫」と言われることがありますが、
あざーちゃんの場合は「猫の中の犬」でしょうか(笑)?
チビとクロにも「協力して!」と頼んでいるのですが、
なかなか聞き入れてもらえません(笑)。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年11月09日 10:24
naruさんへ

キャリーバッグに入っているクロ、可愛いでしょう(笑)?
そう言っていただけると、自分もニンマリです(笑)。
親バカですいませんm(_ _)m。
クロの手術の事は、
先生の説明を聞いて自分も少しホッとしました。。
チビは、クロだけがお出かけしたことが
気が気でなかったのかもしれません(笑)。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年11月09日 10:41
いやぁ〜〜。。。
「ウォ〜ンウォ〜ン」
「クゥ〜ンクゥ〜ン」って鳴かれると
愛し合ってる恋人の恋路を
邪魔してるみたいな気分になっちゃうわぁもうやだ〜(悲しい顔)

クロちゃんの血液検査もOKで今のところ
順調ってことかしら犬(笑)
散歩大好きクロちゃんだから
手術後もゆっくりだけど散歩ができるなら
よかったですね〜るんるん
チビちゃんも一緒のほうがいいんだろうけど。。。
あんまり無理させちゃダメですもんねあせあせ(飛び散る汗)
火の玉小僧さんも胸を締め付けられる思いでしょうが
頑張ってくださいねかわいい
Posted by みーたん at 2008年11月09日 21:04
ご無沙汰しています。

仲がよすぎるのも時には問題があるものなんですね。
クロちゃん頑張って手術乗り切ってね。
キャリーバッグのクロちゃんがとっても幼く見えました揺れるハート
いつも一緒にチビちゃんがいないので不安なのかな?

寒くなりましたね。
オトウチャンも風邪に注意してくださいね四葉
Posted by ばにここママ at 2008年11月09日 23:24
クロちゃん、キャリーバッグに入ってる写真
少女のようですね。
可愛いです。
やっぱ、同じブラタンでスムースでも、女の子は、
顔が優しいなーって思いました。

チビちゃんとクロちゃんは、血が繋がっていなくても、姉妹なんですね。
いつも、一緒にいてるので、離れるのは不安だろうなー。
クロちゃんの手術は、チビちゃんにとっても試練になるのかもしれないですね。
チビちゃんもクロちゃんも頑張れ揺れるハート
Posted by みー at 2008年11月11日 04:48
みーたんさんへ

後ろ髪を引かれる思いだったのですが、
愛し合ってる恋人の恋路を邪魔してしまいました(笑)。

散歩ができると聞いて自分もホッとしました。
クロも、手術後しばらくの間はエリザベスカラー装着とか
不自由な思いをするでしょうから、楽しみぐらいないと…。
チビもクロも、いつも自分のペースで散歩しています。
だから、やっぱり別々に散歩したほうが良いかな
と思っていますが、実際にその時になってから決めようと
思います。
そう!胸が締め付けられそうです。
いっそのこと、自分が替わりに手術を受けて…。
けど、それでは意味ないですよね。
ありがとうございます。頑張りますm(_ _)m。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年11月11日 21:14
ばにここママさんへ

チビとクロ、お互い鳴き合った時に
「トウチャンもツライんだよ」と心の中で
つぶやきました。
自分もクロには頑張って乗り切って欲しいですo(^-^)o。
クロは、突然キャリーバックに入れられて、
病院に連れてこられたから「キョトン」
としていたのかもしれません。
チビは、クロだけお出かけでヤキモチを焼いていたのかも?

日増しに寒くなってきましたね。
ばにここママさん御一家も、風邪にお気をつけくださいね。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年11月11日 21:16
みーさんへ

同じ犬種でも、
男の子と女の子では顔立ちが違ってきますね。
自分も、マロちゃんの写真とクロを見比べると
いつもそう思います。
マロちゃんは、男の子らしくりりしい顔立ちですし、
クロは、女の子らしく優しい顔立ちのような…。
飼い主の欲目ではないですよね(笑)。

クロの手術は、チビにも試練かもしれませんが、
飼い主もすごく心配です。
一人と2頭、皆で頑張りますo(^-^)o。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年11月11日 21:19
手術はいかがでしたか?
確か昨日でしたよね。
内部を切るということでは無いようでしたので
ちょっぴり安心しました。
麻酔は大丈夫でしたか?
我家はあずきもくるみも麻酔を経験済みですが
目が覚めるまでいてもたってもいられない状態だったのを
覚えています。
そして麻酔から醒めて毛布にくるんでもらったあずきが
先生の腕の中でキョトンとしていたのを思い出しました。
そして私は思わず涙ぐみ…。

チビちゃんとクロちゃんは一心同体のような感じですね。
四六時中一緒だから、少しでも離れてると
不安を感じるのでしょうか。
仲の良いワンコたちを見ていると、幸せな気持ちに
なりますよね。
一緒にいすぎてイヤになっちゃうことは無いのでしょうか。
不思議です。
Posted by べべりん at 2008年11月12日 22:01
ちびちゃんとクロちゃんは本当に仲良し
リキペルも歳を重ねるともっと仲良くなるのかな?

もう手術はおわってますね
カメラ目線の写真のような
元気な笑顔の写真。待ってます。
Posted by ヒロ at 2008年11月14日 02:37
べべりんさんへ

手術は無事成功しました。
まだ、患部が痛々しいです。
麻酔は心配ですよね。
クロもヘルニアの手術の時に一度経験済みでしたが、
それでも心配しました。
皮膚の表面の切除と言っても心配だったので、
念のため手術当日と次の日は入院させてもらって、
その後迎えに行きました。
でも精神的なものなのか?
退院後、クロはごはんを食べても1時間程すると
吐いてしまうようになりました。
それで、昨日も今日もまた獣医さんに連れて行きました。
詳細は、次回の記事に書くつもりですが、
なかなか心配のタネが無くなりません(ToT)。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年11月15日 13:28
ヒロさんへ

チビとクロは、生後40数日でうちに来ました。
そんな頃から一緒なので、仲が良いのかもしれません。
リキ君とベルルちゃんも、長く一緒にいれば
もっと仲良くなるのではないでしょうか?

手術は終わりましたが、
退院後クロは、食べたものを吐いてしまうようになりました。
詳しくは、次回の記事に書こうと思いますが、
まだまだ心配が続いています(ToT)。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年11月15日 13:49
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1550480

この記事へのトラックバック