( / / )

2008年05月24日

皮膚疾患の診断

以前からチビには、
皮膚疾患用のサプリメントを一日おきに
食べさせていました。


チビの体のところどころ、毛が抜けて…。


治って毛が生えてきたと思ったら、
また、別のところの毛が抜けてきて…。


いたちごっこが続いていました。


DSC080524001.JPG


チビも、若い頃は皮膚疾患など無かったのですが、
去年ぐらいから、症状がでてきました。


最近、症状が広がってきたので、
今日、かかりつけの獣医さんに連れて行きました。


DSC080524002.JPG


今までも、何回か、
獣医さんに診てもらっていましたが、
はっきりした診断がもらえませんでした。


でも今日は、やっと診断がもらえました。


DSC080524003.JPG


膿皮症(のうひしょう)」とのことでした。


チビの場合は、かゆがったりしないのですが、
獣医さんは、こんなような説明をしてくれました。
(以下はネットで検索した抜粋ですが…笑)


犬の皮膚や被毛には、
いつでも、細菌がすくなからず付着している。


皮膚が健康であれば、それらがむやみにふえて
皮膚に病気をおこすこともないと…。


それは、皮膚自体が菌の異常な増殖をおさえる力を
もっているため。


しかし、体の免疫力が低下したり、
年をとったりして皮膚が抵抗力を失うと、
菌が異常に増え、皮膚が化膿することがあると…。


これが、膿皮症らしいです。


DSC080524004.JPG


これまでも、何回か診察してもらっているのに、
ようやく診断がもらえたって、なんで???


と思ったものの、
症状が顕著になってきたからかな?
と考えてみたりしました。


DSC080524005.JPG


とりあえず、
飲み薬と塗り薬の抗生物質を10日分もらってきました。


これで、様子を見ようと思っています。


DSC080524006.JPG


年をとってくると、
いろんな症状がでてくるのは仕方ないですね。


最近は、クロの走り方も
少しゆっくりになってきましたし…。














でも、今朝もちゃんと散歩に行きましたよ(^o^)/。


今回のチビとクロの写真は、
今朝の散歩の様子ですからご心配なくo(^-^)o。














DSC080524008.JPG


DSC080524007.JPG



これからも、がんばりま〜すo(^-^)o。
 
 
 
 
 
 
 
ニックネーム 火の玉小僧 at 18:45| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですか。
チビchan診断ついたんですね。
サプリを飲ませたりにんにく風呂に入れたり
色々試してましたもんね。
とりあえず原因解明出来てあとは治療に専念するのみ!ですね。
歳をとって抵抗力が落ちて、ってのは
ある程度は仕方ないような気がします。
こういう言い方をしたら失礼かもしれませんが・・
身体の内側の不調が皮膚に表れていたとか
ウイルスとか、そーゆーのじゃなくて良かった!
と思いました。
しばらく様子をみて上手に付き合っていきましょう!!
Posted by りえ at 2008年05月24日 19:55
皮膚は難しいですよね〜。
人間でもなかなかバッチリな皮膚を維持するのは難しいですもんね。
今週の写真でも楽しく過ごすチビ&クロちゃん。
当事者は何も気にしていないようです。
「とうちゃんに任せておけば、僕らは安心U^ェ^U」
そんな風に見えます。(笑


Posted by naru at 2008年05月24日 22:37
そうそう、歳を取るとお肌がね〜
シミとかシワとかタルミとか・・・あ、私の話じゃないわね爆弾

年齢的なものは受け入れていくしかないですもんねたらーっ(汗)
チビちゃん自身にかゆみ等の苦痛が無いのが救いです

お散歩大好きのチビ・クロちゃんがもっともっと楽しく過ごせるように
トウチャンも頑張らないとね〜顔(イヒヒ)
Posted by めい at 2008年05月25日 01:42
りえさんへ

やっと診断がもらえたのは良かったのですが、
抗生物質によって腸の中の善玉菌もやられてしまい、
おなかをこわすこともあると獣医さんが言ってみえました。
なので、
チビの状態をみながら投薬しようと思っています。

体の内側の不調とかウイルスとかだと恐いですね。
これからも、注意しながら様子を見ようと思っています。

年をとることは仕方ないのですが、
できれば、元気に年をとって欲しいですo(^-^)o。
めざせ!ヤングシルバーエイジ(笑)!
Posted by 火の玉小僧 at 2008年05月25日 10:28
naruさんへ

年とともに皮膚の抵抗力が低下するのも仕方ないですね。
ただ、チビ本人(本犬)はかゆがったしないし、
クロともども食欲のかたまりで、いたって自然体です。

自分だけが心配しているような…。
「トウチャンの心、ワンコ知らず?」(笑)
Posted by 火の玉小僧 at 2008年05月25日 10:43
めいさんへ

チビの場合は、若い頃からシワやタルミがありました。
太めだから、お肉が余っていますので…(笑)。

年齢とは、うまく付き合っていくしかないですね。
チビは、不思議とかゆがりません。診断違い?

けど、これからも、散歩大好きワンコたちのために
頑張りますよ(^o^)/。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年05月25日 11:03
年とってくると人間と一緒で
いろんな病気が出てくるものなんですね顔(汗)
苺も膿皮症だったんですよバッド(下向き矢印)
ご飯を変えてシャンプーもしばらく薬用を使ったり
オヤツも無添加のものにしたらやーっと
最近皮膚も柔らかくなってブツブツも
出来なくなってきました
これからの季節は皮膚疾患が増えるから
大変ですよねたらーっ(汗)

ワンコは人間より年取るのが早いから
寂しいと思うこともありますが。。。
チビ&クロちゃんは散歩も大好きだし
まだまだ現役Good
火の玉小僧さんも頑張らないとですよぉぉ顔(イヒヒ)
Posted by みーたん at 2008年05月25日 12:39
膿皮症ですか。ココアも以前発病して抗生剤でなおしました。幸い一週間の薬ですぐによくなりました。
チビちゃんもよくなるといいですね。
かゆがらないのがなによりですね。かゆいとつらいから。

チビちゃん早くよくなりますように♪
Posted by ばにここママ at 2008年05月25日 13:28
みーたんさんへ

年はとりたくなくてもとってしまいますね(笑)。
段々、抵抗力も低下してくるし…。
苺ちゃんも膿皮症だったんですか?
ご飯やらシャンプーやらオヤツやら、
いろいろ総合的に考える必要があるのですね。
暑くなってくると、どうなることやら…。
ちょっと不安です。

自分的には、ワンコたちはいつまでも子供です。
けど実際は、ワンコたちもおばさんの年齢(ToT)。
そんなワンコたちですが、
不自由なく快適に過ごせるように、
自分も頑張りますよ(^o^)/。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年05月25日 14:58
ばにここママさんへ

ココアちゃんも膿皮症になったことがあったんですか?
でも、一週間ですぐに治って良かったですねo(^-^)o。
ココアちゃんは、若いから、
少しの投薬で皮膚の抵抗力が回復したのかもしれませんね。
チビも、かゆがらないのは救いです。

ありがとうございます。
しばらく投薬を続けて様子を見てみます。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年05月25日 15:12
膿皮症という病気があるんですね。
初めて聞きました。
でも病名がわかったという事は、治療法も定まってくるでしょう。
飼い主としては見ているのはつらいですが
チビちゃん自身がさほど症状を訴えないのが幸いでしたね。
かゆくて掻き毟っている姿なんて、可哀相で
見ていられないですもの…。

人間(私)だって年を重ねるにつれ、いろいろと支障も出てきます。
顔の肌荒れ、しみ・たるみなんかもそうですが
膝や関節が痛くなる事も…。
若いときにはこんな事なんてなかったのにもうやだ〜(悲しい顔)
チビちゃん、クロちゃん、お互いにがんばりましょうね!
Posted by べべりん at 2008年05月25日 22:30
ヤングシルバーエイジ
はい、そうあってほしいですよね
リキの先輩であり見本になってもらわないと
いけないので
頑張らねばですよ!

アンチエイジングですね!


Posted by ヒロ at 2008年05月26日 00:34
べべりんさんへ

自分も初めて聞く病名でした。
獣医さんに説明してもらい、その後ネットで検索して
理解しました。
かゆがる訳でもなく、食欲もあって元気なんだけど、
ところどころにハゲが…。
と言う状態でした。
とりあえず、飲み薬と塗り薬で経過を見ようと思っています。

年齢、そうですよね。
若い頃ならなんともなかったのに。
自分も肩こりがひどくて…。
でも、ワンコたちとともに頑張らなきゃ(^o^)/。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年05月26日 06:39
ヒロさんへ

フードとかも高齢犬用に替えてみました。
ガッツキぶりはフードを替える前も後も変わりません(笑)。
自分的には、
ワンコたちが、散歩大好きで、食欲のかたまりなら
大丈夫かな?と思っています(笑)。
でも、気配りはしてあげるつもりですが…。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年05月26日 06:49
小僧さんはほんまに色々サプリとか上手に与えてるよね?
皮膚疾患は一度なると繰り返すし、
上手に付き合っていかんとあかんやろうね?

でもそのサプリ・・
父ちゃんの頭に効かんやろか?
Posted by りん at 2008年05月27日 14:11
りんさんへ

サプリやら薬やら、あまり与えすぎるのもどうか?
と思うのですが…、やっぱり症状とかがでてくると
治してやりたくて、すぐ獣医さんに連れていってしまいます(笑)。

父ちゃんの頭って、皮膚の抵抗力はどうですか?
一度、獣医さんに相談してみますか?
あれ?人間のお医者さんへの相談が先かな?
Posted by 火の玉小僧 at 2008年05月28日 06:38
ワンコの皮膚って結構ナイーブですよね。
健康のバロメーターって感じです。
愛犬を迎える時、年齢を重ねると人間同様に、いろいろな不具合が
出てくる事を覚悟してたつもりでも・・・心配ですね。

マロは、8ヶ月頃原因不明の脱毛になり、その事に悩んで、
私の肌もボロボロになりました。
2ヶ月ぐらいして、マロも痒がってもないし、このままのマロでもいいかなー
って思っていた頃、治ったんですよ。

その頃、犬の皮膚病について勉強しました。
膿皮症って、ワンコの皮膚のバリア機能が低下した時に起きるようです。
2次感染を起こさないようにね。
お薬も貰っているようなので、大丈夫かな。

Posted by みー at 2008年05月28日 23:43
みーさんへ

ワンコは言葉が話せないので、おとなしすぎないか、
食欲はあるか、おかしなそぶりはないかetc
と、これまでも気をくばるようにしてきました。
でも、年とともに心配が増えてきています。

マロちゃんも、原因不明の脱毛になったんですね。
皮膚の抵抗力?栄養のバランス?
けど、自然に治癒してよかったですねo(^-^)o。

膿皮症も、皮膚の深層にまで及ぶと重度らしいので、
なんとか、早めに治してやりたいです。
まだ今のところ、
投薬数日なので、なんとも言えませんが…。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年05月29日 06:42

この記事を見て、最近もしかしたらべりーもかな

って思えてきてるんです犬それか耳ダニが

また出たのかも・・・。べりーを初めて迎えに

いった時、まだ幼かったべりー、育ててる内に耳

の周りに粉が吹いてるのと耳周りの毛がない!っ

て気づいたんです、病院へいき調べたら耳ダニっ

て分かって、すぐ薬と薬用シャンプーなどで毛も

元に戻り治ったんでするんるんでも最近になって

・・前より耳毛が減ってきてるよ〜な気がしてま

あせあせ(飛び散る汗)粉はないんだけど、とっても痒そーに

もしてないんだけど???耳の裏も前にはなかっ

た黒い模様が現れたので病院へ行くと「大人に

なってくにつれて体の模様が変わったんだと思い

ます。」との事でした、でも心配だな〜。耳の毛

のこともあるし、別のもう一つの違う病院に見て

もらおうかなと思っています犬くすり

火の玉小僧先生、べりーはどう思います?(笑)
Posted by べりキラママ at 2008年05月30日 10:43
べりキラママさんへ

ベリーちゃん、耳ダニの経験があったんですか?
その頃は、痒がったりしたのでしょうか?
でも、薬と薬用シャンプーで治って良かったですねo(^-^)o。

チビも成長するにしたがって、
下腹部の皮膚の2〜3箇所に黒い模様がでてきました。
別に痒がったりしなかったので、なにもしませんでしたが…。

べりーちゃんの耳の毛が薄くなってきたのも、
成長?、それとも何かの要因?
心配ですよね。
獣医さんも、得意・不得意があるようです。
皮膚疾患に詳しい獣医さん、詳しくない獣医さんとか…。
だから、ベリーちゃんも別の病院で診てもらうのも
良いかもしれませんね。
Posted by 火の玉小僧 at 2008年05月31日 11:42
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1391602

この記事へのトラックバック