( / / )

2009年06月14日

猫パンチ事件

梅雨入りしたようですが、雨が少ないですね。


愛媛県では、節水も呼びかけられているとか。


今年は、空梅雨でしょうか?


けど、
散歩に連れて行ってもらえるワンコたちにとっては、
空梅雨は大歓迎かな?








さてさて、先日こんな事件がありました。


17時過ぎ、
日差しも和らいで、風も出てきたので、
川原へ散歩に行った時のこと。


DSC090613001X.JPG


軽やかに土手をくだり。


DSC090613002X.JPG DSC090613003X.JPG


坂道ダッシュ。


DSC090613004X.JPG


川原を駆け回り。


DSC090613005X.JPG


水辺まで来ると。


DSC090613006X.JPG


アイガモを発見。


DSC090613007X.JPG


クロがアイガモに突撃。


DSC090613008X.JPG


アイガモに逃げられ。


DSC090613009X.JPG


水辺の草むらをブラブラしていると。


DSC090613010.JPG


今度は、ニャンコを発見。


これまでも、
ニャンコに遭遇することがありましたが、
いつもニャンコが逃げて行きました。


「チビちゃん、あまり近づいちゃダメだよ。」


「今回も逃げて行くかな?」


と軽い気持で見ていたのですが。


チビがニャンコと目と鼻の先まで接近した次の瞬間。



「ビシッ!」

なんと!ニャンコが、

猫パンチを繰り出しました。




「キャン!」


と鳴いて、逃げ戻って来るチビ。


クロもこの様子に呆然。


そして、ニャンコはと言うと、
悠々とその場から立ち去って行きました。


今回のニャンコは百戦錬磨のニャンコだったようです。


「猫パンチくらっちゃったな。こっちの方へ行こう。」


とここまでは、笑い話だったのですが…。


十数メートル歩いたところで、
ふとチビの顔を覗き込むと。




「ギョエー!」




DSC090613011.JPG


チビの左目の周りに血が。


DSC090613011X.JPG


ビックリして、早々に散歩を切り上げ、
すぐに獣医さんへ直行。


DSC090613012.JPG


眼球に傷がついていないか?試薬でチェック。


幸い眼球は傷ついていなくて、ホッと一安心。


獣医さんの話では、
ニャンコは相手の目を狙って攻撃するとのこと。


DSC090613013.JPG


点眼薬をもらってきました。


1日4〜5回、目に指す薬です。


チビの左目の周りの出血もすぐに止まり、
一歩間違えば失明したかもしれない
深刻な事件にならずに済みました。








「チビちゃ〜ん!クロちゃ〜ん!
 ニャンコに近づくと良くないことが起きるから
 近づいちゃダメだよ!」



DSC090613014.JPG



「は〜い!」





 
と学習してくれれば良いのだけど(笑)。


 
ニックネーム 火の玉小僧 at 15:59| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする